RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
いい天気ね (*^-')b
2012021615040000.jpg



おはようござ生ます。
日曜日にふさわしい、スカッとした青い空が広がっています。

…がっ!?

【寒い】

まぁ、しゃあない。

今日は、どちらかへおでかけですか?(レレレノレ〜)

チョイと店の近所を歩いてみましてね…そしたら、いろいろと気がつくことが多いことに気がついた次第。

まず、すぐ近くの寿司右衛門さんが改装工事に入っていました。
これは、社長に会ったら来月の中旬までかかると言っていて、改装後がどうなるか楽しみ。

「でんでん」の後に「じゅん」ちゃんが入るための大改装工事中。
入り口の壁はド派手な赤で塗りつくされ、その上に桟のように黒に近いダークブラウンの角材がうちつけられていて、じゅんちゃんらしさが満開!!
じゅんちゃん、ガンバってちょーだい!!
楽しみにしてっかんね!!

で、まぁボチボチと歩いていくと…ラーメン「秀虎」さんに張り紙があって、読んでみるとマスターが体調不良で今月いっぱいは休業するとのこと。
お大事にしてください。

まぁ、そんな感じにこの界隈も季節と同様に少しずつ動きがあるってことです。

ちゃぶだい…ですか?
ウチは、まぁボチボチとね!?
いろいろとやりたいことはあるんだけど、いっぺんにこなすことは無理。
アタシとイタチョの二名体制でボチボチというか、のらりくらりとやっていきます。

暖かい南風が流れ込む頃、街がにぎやかになることを祈るばかり。

またあとでチョイと書き足します。




てなわけで、昼飯も喰ったことで、チョイと書き足し。

水曜日に買った煙草が、今日まで残った。

別に、体調がワルいわけでもないわけで。

止められんのかな?

でもねぇ〜…

やっぱりムリだろうな!?


さてさて、ひな祭りはもうすぐ。
そして来月5日は「啓蟄(ケイチツ)」で、春を待っていた地中の虫たちがモゾモゾと動き出す日です。

梅が咲き始めて、次は桃。
そして、桜が咲くわけですよ!!
今年も花見を計画しましょうかね??

さて、最近ぼちぼちと足を運んでくれている背の高い男性。
まだ、お名前は伺ってないんですけど、わざわざ土呂から来てくれているとのこと。

なんで、ワザワザ土呂からと尋ねたら…

「猫カフェがあるからなんですよ」

ナルヘソ…

アタシも気になっていた「猫カフェ」
どうやら猫は20匹ぐらいいて、1時間500円ぐらいで楽しめるらしいです。

ますます気になってきた…


で、昨夜の人気メニューは「ワタ入りスルメイカの丸干し」
これね…噛むと身の中からワタがジワッと出てきて、口の中にワタの旨味と甘味が広がります。

もうね、お酒がススム君なわけです。
残りはワズカの早いもん勝ち!!

あとね。
鯖の一夜干もね…アリキタリな代物なんだけど、やっぱり業務用のオーブンで焼くとね、これが旨いんだなぁ(^-^)b

そして、焼き物が続きます。

焼き野菜ね!!
野菜は熱を入れると甘味が出るでしょ?

「蕪の丸焼き」と「新玉ねぎの丸焼き」

これ、絶品ですからね!

ぜひ、お試しください。

さてさて…本日は日曜日。


17時開店 23時LO

お待ちしております。



ちゃぶだい
TEL/FAX 0486840396
author:ちゃぶだい, category:-, 10:06
comments(2), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:06
-, -, pookmark
Comment
東大宮の猫カフェ、実は1回だけ行ったことあるのよ。付き合いで。
ブリーダーの会社が、副業で始めたらしいんだけど、フリードリンクの時間制。
猫には1匹ずつ名前が付いてて、全員を紹介したアルバムもある。

俺は、どーせ女性客ばっかりだと思って、渋々寄ったんだけど…
あにはからんや、男性客の方がずっと多いの!
しかも、明らかに常連みたいな人が…
どの猫もちゃんと名前で呼んでたりするし。

前は大宮駅近くにあった店らしいんだけど、昨年
東大宮に移転してからも、以前からの常連さんが
ちゃんと通って来てくれてるとか。

生き物を愛するのはいいことだとは思うけど…
キャバクラに通う方が健全に見えてしまうのは、俺だけ!?
つの, 2012/02/20 11:34 AM
つのちゃん、情報ありがとうございます。

それにしても、男性が多いんだ??

キャバクラは…どうなんだろねぇ!?

タイショー, 2012/02/20 1:52 PM









Trackback
url: http://chabudai2009.jugem.jp/trackback/1607